恋スキャFXの内容

Aさんの場合 @

 

先日、ある方からFX体験談をお伺いしてきました。
某FX塾に参加していて、塾の期限が終わる頃に塾の成果を試すためのコンテストがあったそうで、そのコンテストに参加したそうです。金額ごとにいくつかの階級があり、各階級の上位入賞の方には賞や特典がある形式だったそうです。しかも、その特典がかなり魅力的な内容だったらしく、どうしてもその特典が欲しかったために頑張ったそうです。
結果、なんと500%の資産増加で見事に上位入賞したそうです。それでもまだ上の人がいたということで、非常に悔しがっていらっしゃいました。

 

 

500%の資産増加

 

500%の資産増加でまだ上の人がいたということで、どれだけのものなのだろうと思って聞いてみました。
どうもそんなに変わらなかったようです。
上位の方とは金額で言うと数十万の違いがあったそうなのですが、利率で言うとほとんど変わらなかったそうです。数十万の違いがほとんど変わらない率というのはどれだけの元本だったのでしょうね。

 

コンテストだったため、証拠としてトレードの履歴を提出することを求められたそうですが、それも見せて頂きました。上位入賞された他の方の履歴も見せて頂きながら、ご自身のトレードを説明して頂きました。

 

 

トレードのやり方

 

その方(仮にAさんとしておきます)は、コンテストの期間中のトレードの数が何百回という途方もない数でした。比較された上位の方(仮にBさんとしておきます)のトレード数も多かったのですが、Aさんよりは遥かにすくない回数のトレードでした。Aさんが、Bさんのトレードを見ながら解説してくれたところによると、Bさんのトレードは一つ一つのロット数が多かったそうです。
例えばAさんの1回辺りのトレードのロット数は3ロットから5ロットで、自信のない時や様子見の時は1-2ロットで取引する時もあったそうです。Bさんは取引の最初の方こそ1-5ロット単位でトレードしていたようですが、数十回のトレードの後の大部分は10ロット位までロット数をあげてトレードをしていたそうです。

 

10ロットの単位で取引をするのは相当に度胸があるらしく、というのも1回あたりの取引金額にすると結構な値段になるそうです。
FXはレバレッジをかけることができるので、少しの為替の動きで大きな変動があります。そのため、怖い体験談もたくさんあります。一晩で何百万、何千万という金額の損失を出す、というのもFXのあるある話ですよね。Aさんも実際にコンテスト中に数百万の含み損を抱えて、もうコンテストの上位入賞は無理だと諦めていたそうです。

 

 

数百万の含み損

 

そこから持ち直した理由を聞いたら「偶然です」と笑ってらっしゃいましたが、偶然に持ち直せるのはスゴイと思います。食い下がって理由を聞いたら、意外にあっさりと教えてくれた理由と言うのが、、、

 

 

それは次の更新に譲りますね!!